瞬刊 トレンドなう

最新の話題を何でも詳しく紹介!!

『ONE PIECE FILM GOLD』最新情報&劇場版オリジナルキャラクターvol.3

2017/05/17

劇場版オリジナルキャラクターvol.3

『ONE PIECE カラクリ城のメカ巨兵』(2006)

image

【ドクター・ラチェット】
メカ島の領主。
ガリガリな容姿で金色の眼鏡(ワイパー機能付きでジャケットの内ポケットにはスペアが用意されている)をかけた青年。かなり神経質な性格で、理知的に物事を捉える傾向がある。防衛システムやロボット等を発明しており、部下のホンキ大佐・マジ将軍からは「天才発明家」と慕われている。ルフィからは「ガリガリメガネ」と呼ばれた。自分の自身が発明した鉄人君28号・鉄人君32号・スーパーゾウガメ君といった様々なロボットでルフィと戦うが、偶発的に発動した「ギア2」でパワーアップしたルフィの「ゴムゴムのJETバズーカ」でロボごとまとめて吹き飛ばされ敗北した。ルフィに倒された後、ローバから尻叩きでお仕置きされた。

【ホンキ大佐】
ラチェットの部下。
背中の「本気」と書かれた学ランを着ている。口癖は「~っす」。物覚えが悪く、ラチェットからはたびたび注意されている。パワードスーツを纏いサンジに勝負を挑み、無数の大砲を浴びせたが「羊肉ショット」を受けて吹き飛ばされ敗北した。

【マジ将軍】
ラチェットの部下。
ヤンキーのような恰好と言動をしている。ラチェットからはたびたび注意されている。ロビンの顔に小さな傷がついてしまった事で彼女の怒りを買ってしまい、クラッチで制裁された。その後ゾロの「龍巻き」を受けて吹き飛ばされ敗北した。

【ローバ】
ラチェットの母親。
島の正体が巨大カメであることは知らず、研究に没頭する息子のラチェットに頭を悩ませていた。

【権造】
ローバ・ラチェットに仕える執事。ゴミ捨て場に落とされたルフィたちを救出した。
Sponsored Link


 

『ONE PIECE エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち』(2007)
*オリジナルキャラクターの登場なし

image

・ネフェルタリ・ビビ
・サー・クロコダイル
・ミス・オールサンデー(ニコ・ロビン)
・コーザ
・ハグワール・D・サウロ
・ペル
・チャカ
・テラコッタ
・Mr.2・ボン・クレー
・Mr.1
・ミス・ダブルフィンガー
・Mr.4
・ミス・メリークリスマス
・Mr.7
・ミス・ファーザーズデー
・カッパ
・カルー
・トト
・ラッスー
・メイディ
・ネフェルタリ・コブラ

 

『ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜』(2008)

image

◆ドラム王国 ◆
【トニートニー・チョッパー】
(本作のメインキャラクター。原作とは異なり、まだルフィ達の仲間になっていない。)
・Dr.ヒルルク
・Dr.くれは
・ドルトン
・ワポル
【ムッシュール( 映画オリジナルキャラクター)】ワポルの兄。
悪魔の実「ノコノコの実」の能力者。毒キノコの能力を持ち、体内に溜め込んだ猛毒の胞子を10年に一度、体外へ砲弾「胞子爆弾(フェイタルボム)」として放出できる。身体を紫色の煙状の胞子とすることができ、分身を生成して攻撃したり、地面からキノコを生やし敵を捕えたり、腕をドリルにする事も可能。ただし火に弱い。悪魔の実の能力だけでなく、身体能力も非常に高い。
一度はルフィを全く寄せ付けずに勝利するが、イッシー20の作った解毒剤により解毒し、「ギア2」でパワーアップしたルフィに反撃され、最終的には「ゴムゴムのJETバズーカ」を受けて敗北した。その後バクバクの実の能力によりワポルと合体し「ムッシュールワポルキャノン」にパワーアップして再戦を挑むが、「ゴムゴムの巨人の銃」により吹き飛ばされた。

 

『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』(2009)

image

◆金獅子海賊団 ◆
金獅子のシキ率いる海賊艦隊。20年以上前からいる顔ぶれも多い。海賊旗はライオンのたてがみが生えたドクロで、後ろに船の舵輪があしらわれている。

【シキ】
金獅子海賊団大親分。ロジャーや白ひげと並ぶ伝説の大海賊。
「海賊は海の支配者」と考え、邪魔する者には容赦しない冷酷かつ残虐な大男。異名は「金獅子のシキ」。空を飛ぶ海賊とも呼ばれる。葉巻を愛煙し、服装は和風で、歌舞伎の毛振りのような金髪。頭には舵輪が刺さっている。笑い声は「ジハハハハ」。
超人系悪魔の実「フワフワの実」の能力者。触れた物を重力に関係なく浮遊させ、操ることができる(ただし、自分以外の生き物は浮かせられない)。
ロジャーとは長年のライバル関係にあり、同時に誰よりも彼のことを認めていた。海賊大艦隊の大親分として名を馳せていた25年前、「世界を滅ぼす兵器」の在り処を知るロジャーに協力を迫るが決裂し、「エッド・ウォーの海戦」を引き起こす。その最中に発生した嵐によって大艦隊の半分を失い、さらにうっかり舵輪が頭に深くめり込んで抜けなくなった。最後は「ギア2」でパワーアップしたルフィと激しい空中戦を繰り広げるが、嵐の中での戦いであったことが災いし、「ゴムゴムの巨人の雷斧」を受け敗北した。

【Dr.インディゴ】
シキの側近である科学者。通称「ピエロ」。シキがインペルダウンに投獄される以前から金獅子海賊団に所属している
その外見らしくパントマイムで物事を伝えようとするが、なかなか伝わらない。シキがボケをカマすと容赦なくツっこむ。笑い声は「ピロピロピロ」。歩く度にオナラをしたような奇妙な足音が鳴る。
最後はゾロと激闘を繰り広げ、最後は九刀流「阿修羅 穿威」を受け敗北した。

【スカーレット隊長】
シキの側近であるゴリラ。通称「赤ゴリラ」。元々はメルヴィユに生息していたゴリラだが、後にシキの仲間となった。
島の珍獣たちの王者であり、珍獣たちに命令を下す司令塔。「ウホウホ」と喋る。美女が大好きであり、そのことからインディゴやサンジからは「エロゴリラ」呼ばわりされている。サンジの「悪魔風脚」を片手で受け止めたが、高温により怯んだところを、「野獣肉シュート」を受け、塔の上から地面へ叩き付けられ、敗北した。

【キタジマ】
魚人族の海賊。東の海を壊滅させるため召集された3000人の海賊の一人。水泳のスピードは魚人族の中でもトップクラス。

◆メルヴィユの村 ◆
シキに支配されている村。働き手の男と若者は全てシキの王宮に召し上げられている。住人は全員腕から羽が生えている。

【シャオ】
メルヴィユ島に住む少女。びっくりするとすぐ気絶する。薬草を採りに出かけた所を珍獣に襲われ、ゾロたちに助けられる。

【エバー】
シャオの姉。酒場でウェイトレスとして、王宮の者たちの世話をしている。

【ビリー】
メルヴィユ島に住む、小馬ぐらいの大きさの黄色い鳥。電撃を放つことができる。カモとクジャクの中間のような外見。ビリーという名前は、触れるとビリッとくることからルフィが命名した。

 

『ONE PIECE FILM Z』(2012)

image

◆NEO海軍 ◆

【ゼット / ゼファー】
NEO海軍総帥。元海軍本部大将。
本名は「ゼファー」。かつて、武装色の覇気の達人として「黒腕のゼファー」の異名をとったガープ、センゴクと並ぶ伝説の海兵。。部下からは非常に信頼されており、かつての教え子である海兵たちからは「先生」と呼ばれている。
紫髪にサングラスをかけた巨漢でNEO海軍のマークが入った黒いコートを地肌に直接羽織っている。高齢ながら筋骨隆々の身体の持ち主。現在は心肺機能が弱っており、時折吸入器を使用している。シェリー酒を好んでいる。74歳。
右腕に「バトルスマッシャー」という海楼石でできた巨大な武器を装着している。殴った時の衝撃で内蔵された爆発物を炸裂させる機能があり[27]、マシンガンやビーム砲といった強力な銃兵器も内蔵されている。悪魔の実の能力者ではないが、六式や武装色の覇気により高い身体能力を有し、年老いた今でも黄猿と渡り合う実力を誇る。
海軍に入隊。ガープ、センゴク、つるとは同期。一兵卒からたたき上げで階級を上げていき、下士官になるころには六式を修得。さらに武装色の覇気を修得し、覇気を纏い黒く染まった両腕から「黒腕」と呼ばれるようになる。サカズキ・ボルサリーノ・クザンをはじめ、現在、名を広く知られる数多くの海兵たちを育ててきた。
海軍の科学者により強力な機械義手「スマッシャー」をつけられる。海軍を退役し、自ら名を捨て「Z(ゼット)」を名乗り、全海賊抹殺を目的とした組織「NEO海軍」を立ち上げる。
ゼットとは、子供の頃に彼が扮していた「正義のヒーロー」の名前である。

【アイン】
NEO海軍幹部。元海兵で、ゼットの教え子。
ゼットの腹心で、落ち着いた雰囲気の女性。フード付きのマントやフリルのついたブラウスを着用。ゼットを「先生」と呼び、深い信頼を寄せているが、ゼットの過激過ぎる所業に対し、不安や迷いも抱いている。
悪魔の実「モドモドの実」の能力者。手から放つ光に触れたものの時間を戻し、12年若返らせることができる「モドモド人間」複数回触れることでさらに時間を戻すことができ、生まれて12年未満のものに触れるとその存在を消滅させてしまう。

【ビンズ】
NEO海軍幹部。元海兵で、ゼットの教え子。
忍者風の装いをした大柄な男。アインと違い表情が多彩だが、ゼットとの会話は殆ど見られない。武器は太刀と手裏剣。俊敏な動き(恐らく六式の内の「剃」と思われる)で相手を翻弄する。
悪魔の実「モサモサの実」の能力者。植物の成長を促し、操ることができる。この能力で自身の身を守ったり、相手を拘束したりできる。

【PX-Z(白くま)】
プロトタイプのパシフィスタの改造型。
NEO海軍の切札的戦闘兵器。ゼットの命令に従うようプログラムされている。髪は白髪で、NEO海軍のマークが入った白い服を着用している。

◆ドック島 ◆

【モブストン】
造船会社「シマナミカンパニー」事務所の船大工。肩にはボルトという鳥を乗せている。
元船乗りで、船の修理やドックの貸し出しなどで稼いでいる。海の男の自由を奪うゼットを快く思っておらず、かつて海賊達が残した装備品をルフィ達に与える。

【ガリ】
シマナミカンパニーのドックで働いている少年。カッコいいヒーローに憧れている。

 

ONE PIECE FILM GOLD(2016)

image

◆テゾーロ一味 ◆

【ギルド・テゾーロ】
巨大黄金船「グラン・テゾーロ」に君臨するカジノ王
全身ピンク色のスーツ姿で、黄金の装飾品をいくつも身につけた「黄金帝」と呼ばれる男。世界の通貨の20%を掌握するとされる大富豪で、世界政府すら金で動かす力を持つ。悪魔の実「ゴルゴルの実」の能力者。

【バカラ】
グラン・テゾーロのコンシェルジュ
麦わらの一味をエスコートする謎の美女。悪魔の実「ラキラキの実」の能力者で、触れた相手の運気を下げることができる。

【ダイス】
グラン・テゾーロのディーラー
最高のゲームを観客に提供する、鎧のような筋肉を纏った巨漢。強大なパワーが自慢で、相手の攻撃を受けると逆に気持ちよく感じてしまうドM体質。

【タナカさん】
グラン・テゾーロの警備担当
頭部が胴体に比べ極端に大きい男。悪魔の実「ヌケヌケの実」の能力者で、すべてをすり抜ける能力を使い船内を警備している。

【カリーナ】
グラン・テゾーロの歌姫
美しい歌声で人気だが、謎に包まれておりナミとは何らかの因縁がある

【赤目フクロウ】
グラン・テゾーロへの侵入者を発見すると大きな声で鳴く、16羽のフクロウ。フクロウの声は全て違う。

その他

【レイズ・マックス】
グラン・テゾーロに居合わせた伝説のギャンブラー。正体は革命軍の重要人物

【ケント・ビーフJr.&ポーク】
カジノのアトラクションの一つ「カメ車レース」に出場するレーサーのコンビ。
ケント・ビーフJr.は「サウスブルーの牧畜王」と呼ばれる男で、相棒のポークは牛の姿をしている。

【ジミーマイヤーズ】
「カメ車レース」に出場するレーサー。ハンドルを握ると人が変わる暴走野郎。

【モーキン】
ロングロング海賊団の一人。両腕に長い鉤爪をつけた男。

3回にわたり、劇場版『ONEPIECE』オリジナルキャラクターを紹介してきましたがいかがでしたか?私の個人的にはゼットことゼファーがいちばんお気に入りですねゼファーのもちろん桁外れの強さと、自身の恨みとはいえ、信念のもと海軍に復讐する姿はカッコよかったですね。今回は新作『ONE PIECE FILM GOLD』のオリジナルキャラクターも紹介しましたが、もっと詳しい情報を知りたいかたは、公式サイトを調べてみてください。

公式サイトはこちらから

http://www.onepiece-film2016.com/story.html

Sponsored Link
Sponsored Link

-アニメ, 映画, 芸能界