瞬刊 トレンドなう

最新の話題を何でも詳しく紹介!!

『クレヨンしんちゃん』ぶりぶりざえもん、神谷浩史の声で16年ぶり復活

2016/07/03

『クレヨンしんちゃん』ぶりぶりざえもん16年ぶりに復活

テレビ朝日系アニメ『クレヨンしんちゃん』(毎週金曜 後7:30)の主人公、野原しんのすけが作ったキャラクター「ぶりぶりざえもん」が16年ぶりに復活、 13日と翌週20日の2週連続で登場することが12日に明らかになった。
image

ぶりぶりざえもんの声の担当は前任の故・塩沢兼人さんから神谷浩史に任されることとなった。 今回、声を任された神谷浩史さんは、前任者の塩沢さんとは奇しくも誕生日(1月28日)が同じで、所属事務所・青二プロダクションの後輩でもある。

大先輩の後を継いでぶりぶりざえもんの声を担当するにあたり、神谷は「塩沢兼人さんと同じ事務所の後輩として心から幸せを感じています! 僕の気持ちをここに全て書ききることはできませんが、とにかく!今までの色々なものが結実してぶりぶりざえもんにたどり着いていたのだとしたら、本当に声優を続けていて良かったと思えます! クールでセコくておねいさんが大好きでお金にがめつくて、ブタのくせに人間より人間くさい…僕としては珍しく共感しかないキャラクターなので大切に演じていければと思っています! 偉大なる先代を知っている方もそうでない方も、温かく見守っていただければ幸いです!」と意気込みを感じられるコメントを寄せている。
Sponsored Link

ぶりぶりざえもんとは?

ぶりぶりざえもんは、しんのすけのお絵描きから生まれた“救いのヒーロー”。しかし、ヒーローでありながらたった3時間しか働かず、高額なおたすけ料を請求。しかも「私は常に強い者の味方だ」と言ってあっけなく敵に寝返ってしまう、自信過剰なセコい卑怯者なキャラクターである。

そのナンセンスなキャラ設定が人気を集め、原作をはじめ、テレビアニメや映画でも大活躍。テレビでは1994年9月から『ぶりぶりざえもんのぼうけん』シリーズがスタート。以降、不定期に放送されていたが、2000年、声優を務めていた塩沢さんが不慮の事故により他界。以降、ぶりぶりざえもんの登場も減り、登場することはあってもセリフなしの出演となっていた。

今回、2週間だけの登場だが、新たにどんなぶりぶりざえもんを見られるのかが楽しみである。

Sponsored Link
Sponsored Link

-芸能界