瞬刊 トレンドなう

最新の話題を何でも詳しく紹介!!

キムタクが原因で5人が揃わない異常事態の『SMAP×SMAP』!9月の打ち切りの噂が現実に!?後継番組は“Kinki Kids”に内定!?

フジテレビ系『SMAP×SMAP』が異常事態で9月に終了!?そして後継番組を“Kinki Kids”が担当することに内定!?異常事態の原因のキムタクにはファンからの批判が殺到!!


『スマスマ』は9月に打ち切りで後継番組は“Kinki Kids”の歌番組が内定か!?



“SMAP”の5人全員が揃う唯一のバラエティー番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系 月曜よる9時放送)が9月で放送が打ち切りの可能性が濃厚となってきたらしい。
以前から終了説が囁かれている『SMAP×SMAP』だが、最近は5人のメンバーがほとんど揃わない状態が続いている。そんな“異常事態”が続くなか、やはり9月での放送打ち切り、後継番組には“Kinki Kids”の音楽番組になることが内定したとのこと。

[以下引用]
フジテレビ側から発表もあり、「『SMAP×SMAP』は継続する」との方向は決定との見方もあるが、そんな一安心したファンの思いとは逆に、やはり『SMAP×SMAP』は9月で終了するようだ。ちなみに、その後継番組にはKinKi Kidsがつとめることで、合意しているという。

ジャニーズ事務所には、2つの派閥があることは有名である。その派閥抗争がSMAPの解散騒動へとつながったことは世間の周知のところである。そんな中、KinKi Kidsは中間派と見られており、角が立たずに番組ができる。そもそも、フジテレビとKinKi Kidsの関係は古く、また良好だ。1996年から「LOVE LOVEあいしてる」、後継番組となる「堂本兄弟」「新堂本兄弟」を放送していた。番組の内容も、昨今、めっきり減ってしまった歌番組を新感覚で仕掛けるということで決まってしまっているという。

中居正広と木村拓哉の関係は、まだまだ不安定だというSMAP。ギスギスした番組を観るよりも、新鮮な“歌番組”を楽しむ方が、視聴者にとって有益なのかもしれない。
[リアルライブより引用]

過去にも今回のような噂は何度もあり、今年はじめの解散騒動直後にも「今年の紅白はSMAPの代わりにKinKi Kidsが出場」などと報じられていた。

つい先日、「音楽の日」(TBS系放送)で中居くんとキンキの二人が絡みが好評を得ていましたし、現状の『スマスマ』の状況を考えればこの噂が再燃するのは仕方ないでしょう。

後継番組にはSMAPの解散騒動には遠いポジションであり、ジャニーズ内では中間派で知られる“KinKi Kids”の音楽番組が内定という話がでているのだが、以前フジテレビの亀山千広社長(59)は、定例社長会見での質問に対し、「まったく(SMAP×SMAPの打ち切りは)ございません」と断言、「継続」と発表をしている。しかし裏では「“スマスマ9月打ち切り”への準備」も進行しているようだ。

Sponsored Link


フジテレビの矛盾!“スマスマ9月打ち切り”への準備!?



長年『SMAP×SMAP』のチーフプロデューサー(CP)だったK氏が、ジャニーズ事務所からの圧力により既に今年の3月に“更迭”されている。フジテレビの中でも“I女史派の筆頭”と言われたK氏が更迭されたのは「“スマスマ9月打ち切り”への準備」とみられており、テレビ局ディレクターの話によると「Iさんと10年以上も組んできた担当チーフプロデューサーの異動が原因とも言われています。そのプロデューサーはメンバー個人や『Kis-My-Ft2』の番組など、いわゆる“I派”を担当。この時期に辞令が出るのは異例で、局内でも“いよいよスマスマ終わるんだね”という話で持ちきりだそう。もともと勢いのある『嵐』らJ副社長チームにシフトする向きもありましたし、今回を機に“I派”番組は一掃されるのではないかと」ここにきてSMAP分裂騒動の再燃が懸念されていた。

『SMAP×SMAP』の異常事態の原因と報じられている木村拓哉が特集で登場している月刊誌「SWITCH」が発売。ファンからは批判殺到!!



解散騒動と木村以外のメンバーによる謝罪会見で、すっかりファンから“裏切り者”のレッテルを貼られてしまい、『スマスマ』が異常事態の原因とも報じられているキムタクだが、この最悪のタイミングで今月20日発売の月刊カルチャー誌「SWITCH」(スイッチ・パブリッシング)に登場、SMAPファンから批判が殺到している。

「木村拓哉 アウトローへの道」と題した特集は、キムタクを「孤高であり、イメージはアウトロー」と位置づけ、「木村拓哉は何を考え、そしてどこへ向かうのか」をコンセプトに構成、12ページに渡って掲載している。

全てのスタイリングを私服で臨むなど気合十分のキムタクは、ロングインタビューで「(ジャニーズ入所前は)アンチアイドルだったし、アンチジャニーズだった。つまりいまの自分は、言わば矛盾のカタマリなんです」と苦笑しながら話していたが、SMAPについては一切コメントをしていない。

今年のはじめの解散騒動以来、SMAPの進退については様々な話や噂が浮上してきた。どの話も信ぴょう性はあるのだが、いまいち確証がなく、憶測にすぎない話もなかにはある。5月頃にはジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が「SMAPはわが子と同じだ」「解散なんて冗談じゃない」「出ていくわけがない」などの言葉が次々に飛び出し、「(9月に契約更新しないことは)ない」とも断言したという超異例発言が報じられていたが、それも今となっては何の効力もない言葉になりつつある。なんにしても9月の契約更新のときに何らかの動きがあるとは思うが、まえのようなSMAP本来の姿はもう二度と見ることはないだろう。

Sponsored Link
Sponsored Link

-芸能界