瞬刊 トレンドなう

最新の話題を何でも詳しく紹介!!

『ポケモン』の新ゲーム、「Pokemon GO」が米国や豪州で爆発的な人気!!その影響で強盗事件まで発生!!フィーバーしすぎ!?(笑)


世界中で人気のアニメ『ポケモン』の新ゲーム、「Pokemon GO」(ポケモン ゴー)が日本に先駆けて今月7日から米国や豪州など数カ国で公開され、爆発的な人気を呼んでいる。


「Pokemon GO」とは?

「Pokemon GO」は、、ポケモンと任天堂、米Niantic Labsが共同開発したスマートフォンの位置情報を活用したゲーム。







スマホの画面を見ながら町を歩き、隠れているポケモンのキャラクターを探し、現実世界でポケモンを捕まえる仕組みのスマートフォンのゲームだ。

専用ツール「Pokemon GO」も発表!



本作専用のツール「Pokemon GO Plus」も発表されている。

腕時計型で、スマホを見なくても近くのポケモンがわかるようになる。振動とランプで知らせてくれる仕組みだ。

なくてもゲームはプレイできる。

Sponsored Link


「Pokemon GO」フィーバーの影響は予想以上!?



米調査会社によると、ダウンロード数はすでに750万回以上に上る。日本でも今月中にサービスが始まる予定だ。米国ではスマホの画面を見ながら町をさまよう人が続出。立ち入り禁止場所に迷い込む人が出たり、教会内がポケストップ(ポケモンを獲得できる場所)になって信者以外が殺到したり、米ABCなどによると、ミズーリ州ではゲーム中の人を狙った強盗事件が起きたり、ワイオミング州では、ポケモンを探して川の近くを歩いていた19歳の女性が、偶然に死体を発見する騒ぎまで起きた。ワシントンにあるホロコースト記念館では、「Pokemon GO」を館内ではしないように求め、各地の警察や保安官事務所などは「午前1時に他人の家の裏庭に入って(ポケモンを)捕まえようなどと思わないように」「運転中にポケモンで遊ばないで」などと注意を出す騒ぎになっている。豪州では、ゲームサーバーが一時ダウンする事態となったり、警察では「署内に入らなくても獲得できます」と立ち入らないよう呼びかけていた。(笑)

実社会にも影響を与えており、騒動はしばらく続きそうだ。

気になる日本での配信はいつごろ?

日本での配信についてNianticの須賀健人アジア統括マーケティングマネージャーは6日、「もうちょっとだけ先になります」とツイート。先行公開した国でアクセスが集中してサーバに障害が起きており、ほかの国での展開が遅れる原因になっていたようだ。

米国での「Pokemon GO」フィーバーについて記事で報じた記者のTwitterでは、関係係者の話として「日本でのサービス開始は今週中を予定」と伝え、日本のユーザーから期待が高まっている。

Sponsored Link
Sponsored Link

-芸能界
-