瞬刊 トレンドなう

最新の話題を何でも詳しく紹介!!

昨日、一般の男性と結婚した、劇場版『進撃の巨人』でヒアナ役を演じた女優・水崎綾女。彼女は過去に悪のヒロインを演じていた!!

2017/05/17

劇場版『進撃の巨人』ヒアナ役を演じた女優・水崎綾女(27)が一般人男性(36)と結婚したことをブログで報告!



女優・水崎綾女が昨日、省エネ関係に携わる36歳の一般人男性と結婚したことを自身のブログで報告した。「私、水崎綾女は、かねてよりお付き合いをしておりました36歳の省エネ関係に携わる一般の男性と昨日、7月11日に結婚しました事をご報告させていただきます。同郷という事もあり、話も合い、彼の誠実な人柄に惹かれ結婚を前提に交際をスタートさせました。私の仕事を一番に考え、理解してくれて、いつも変わらずおおらかで、深い愛情で私を包み込んでくれる方です。」(水崎綾女ブログより)
そんな水崎綾女だが、過去に子供達には大人気の戦隊ヒーローものに悪のヒロイン役として出演していた!

Sponsored Link


その番組とは、2012年2月26日から2013年2月10日までテレビ朝日系列で毎週日曜7:30 - 8:00 に放送されていた『特命戦隊ゴーバスターズ』という、子供達には大人気だった戦隊ヒーローものの番組である。



水崎は、物語の第22話から登場した『ゴーバスターズ』の敵であるヴァグラスの幹部で、亜空間のメサイアが作り出した女性型アバター「エスケイプ」役を演じていた。

「エスケイプ」とは、同じ幹部アバターのエンター(陣内将)とは異なり、強い忠誠心を抱くボスキャラ・メサイアの人間への復讐心を満たすことを重視し、人間を苦しめることを主眼に行動する残酷な性格のきゃらくたーである。強い者と戦う事を好む好戦的かつ享楽的な性格でもあり、特にブルーバスター岩崎リュウジ(馬場良馬)をライバル視する。
物語後半になってパワーアップしたゴーバスターズに対抗するため新たなデータを取り込み自らを強化し
強化形態のエスケイプ・エボルブに変身する能力を獲得し、更にエンターの裏切りを知りエンターと決別。

第44話において完全復活したメサイアによってデータとして取り込まれ、メサイアが倒されると共に消滅した。

劇場版『進撃の巨人』では、オリジナルキャラ「ヒアナ」という、おとなしいシングルマザー役を演じていた水崎綾女だが、『ゴーバスターズ』では荒々しい悪のヒロインを熱演していたんですね。彼女は他にも映画やドラマに多数出演しているのが調べていてわかりました。今回、結婚をした彼女ですが、結婚後も女優業は続けていくとのこと。彼女の今後の活躍に注目していきたいです。心より祝福をお祈りいたします。

Sponsored Link
Sponsored Link

-芸能界