瞬刊 トレンドなう

最新の話題を何でも詳しく紹介!!

東京都知事選への出馬を断念した石田純一。実は全てがフジテレビとの密約による“デキレース”だった!?

石田純一の都知事選出馬騒動の舞台裏!フジテレビとの密約で“デキレース”!?


都知事選出馬を断念したタレントの石田純一にフジテレビとの“デキレース説”が噂となっている。

今回の都知事選挙にタレントの石田純一(62)が一連の出馬から断念に至った事に対して茶番劇と失笑の声が上がっているが、この都知事選出馬騒動の舞台裏に、実は石田とフジテレビとの間で密約があったと噂されているのだ!!



11日、わざわざ都内の高級ホテルを借り会見を行った石田は、出馬断念の理由について「メディアの一員としてやっていますが、メディアのルール的なことでタイムリミットがあった」と説明。野党統一候補になる望みが薄くなったので不出馬を決めたという。



同じ日、石田の妻でプロゴルファーの東尾理子(40歳)が夫(石田)の東京都知事選への出馬を断念したことで、公式ブログに「この度は、主人が皆様をお騒がせするだけの形となり、大変申し訳ございませんでした。またこの数日、たくさんの励ましやご意見を下さった皆様へ心より御礼申し上げます」「内心は、『まったくも〜、何だったの!? たくさんの人達にご迷惑をかけて!!』と言いたいところ」と正直な胸の内を明かし、そして「主人なりに真剣に考え決断した思いを受け入れ、そしてそんな夫をこれからも家族で支えて行こうと思います」「今後、ほんの少しでも社会のお役に立てるよう、主人共々、日々努力して参りたいと思います。これからも宜しくお願い申し上げます」と謝罪の言葉でお詫びをつづっていた。



Sponsored Link


この騒動に、芸能界の坂上忍は13日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で坂上忍は「同業者なら誰でもわかると思うけど、どれだけの迷惑を周りの方々にかけたか。金額じゃないと思いますよ。そこで慌てるっていうのが、何年この仕事で飯食ってんだって話ですよ」と“ご意見番”らしい厳しい言葉で批判した。

元宮崎県知事の東国原英夫氏も、Twitterで「余り、政治行政や立候補という行為を甘く見ないで頂きたい」とこちらも坂上同様、苦言を呈した。

だが今回、石田の出馬騒動でフジテレビの動向が妙におかしいのだ。石田の出馬意思を報じたのはフジテレビが最初で、その後も石田に密着。不出馬を決めた11日にフジが独占映像をモノにしていたのも、石田の乗る車に記者が同乗していたからだという。「完全にフジが石田さんを囲い込んでいた。これには、フジ側とある約束が取り交わされているというウワサがある」などとテレビ関係者の間では話が出回っていたのも事実だ。

「フジは秋の改編で、石田さんをニュース番組のコメンテーターに据えようとしているのではないか? 彼は元祖トレンディ俳優で、フジ黄金期の礎を築いた人物。今なら話題性も十分だし、他局が手を出さないところに手を出すのがフジ。さすがにメーンMCは任せられないが、レギュラーコメンテーターの起用ならあり得る。今回のフジの密着ぶりも、すでに話がデキていたのなら合点がいく」(芸能プロ関係者)

一連の騒動で石田の出演するCMやテレビ番組の調整は難航。そして番組やCMは差し替えられ、石田には相当額の違約金が発生するといわれているが、「不倫は文化」と提唱していた石田にとって、今回の都知事選出馬に意欲を見せたことで文化人的な要素が新たに加わり、タレントとして非常に大きな成長を遂げたのではないだろうか?

Sponsored Link
Sponsored Link

-芸能界