瞬刊 トレンドなう

最新の話題を何でも詳しく紹介!!

これからダイエットを考えている方におススメ!!効果的に痩せられる野菜はコレだ! ダイエット中に摂るべき野菜と効果的な食べ方を紹介!!

痩せるためにダイエット中に摂る野菜とより痩せるのに効果的な食べ方をご紹介!

ダイエットをしようとするとき、真っ先に頭に思い浮かぶことといえば食べ物だと思います。ダイエット中は食事を減らしたり、何かと栄養が不足になりがち。私達、人間の健康に欠かすことができないのが、ビタミンやミネラルが豊富な野菜です。野菜にはビタミンやミネラルがたいへん豊富で、普通の人間が1日に摂取する野菜は350gと言われている。

そこでダイエット中、痩せるのにより効果的な野菜を紹介!!ヘルシーで栄養たっぷりの野菜を積極的にとってダイエットを成功させましょう!!

痩せるために効果的な野菜はコレ!!

「キャベツ」噛み応えがあり食欲抑制効果!



みなさんご存知の「キャベツダイエット」という有名なダイエット方法があるキャベツ。ダイエット中にはぜひ積極的に摂りたい野菜のひとつです。

基本は熱を加えるより生で食べましょう。生のキャベツは飲み込むのに“よく噛むこと”を要するので、
満腹中枢が刺激され食欲の抑制につながります。また、キャベツの不溶性食物繊維は水分を含み胃や腸で膨張するので、満腹感につながり食事の量を減らすことができるとされています。

さらに、ビタミンC・ビタミンK・ビタミンUが豊富なので、美容効果や丈夫な骨を作ったり、胃の新陳代謝を活発にする効果もあり抗がん作用もあると言われています。

「もやし」便秘解消効果



スーパーでは1つ数十円と安く売られているもやしですが、緑黄色野菜などに多く含まれる食物繊維の含有量が多い野菜で、これが便通を良くする効果があります。それ自体のカロリーが低い上に、便秘などを解消して代謝を良くするという嬉しい作用があるといわれています。さらにはもやしに含まれるミネラル・ビタミンが脂質の燃焼を促進させる効果もあるとされています。

 

ダイエット中にオススメの食べ方は主食をもやしに置き換える食べ方です。一食を丸々もやしにしてしまうのではなくご飯の代わりをもやしにしてにしておかずをきちんと食べるだけでもカロリーは減らせます。ただ3食のうち1食を置き換えるだけにしましょう。また日持ちはよくないので買い過ぎに注意してください。

「玉ねぎ」デトックス効果も



和食や洋食など色々な料理に使われる「玉ねぎ」ですが、誰でも知っている目にツーンとくる強烈な刺激に玉ねぎのダイエット効果があるのです。

玉ねぎに豊富に含まれている「ケルセチン」という栄養素があります。このケセルチンには植物の色素や苦味成分であるポリフェノールの1種なのですが、身体に溜まった有害物質を排出する働きが高いと言われていて、 脂肪を燃焼しやすくします。また、強い抗酸化作用があり、血圧降下作用もあると言われています。 他にも、玉ねぎの効果としては、 便秘解消、利尿作用や発汗作用があるそうです。

もう一つ玉ねぎの栄養効果として血液サラサラ効果があります。血液がドロドロの体質では痩せにくいですが、玉ねぎには血液の循環をスムーズにしてくれる作用が働くので、毒素を出しながら脂肪燃焼をし、太りにくい体質になっていく事が期待できます。

玉ねぎは非常にデトックス効果が高い野菜なので、積極的に摂ってみてください。

Sponsored Link


「トマト」ビタミンが豊富



トマトは低カロリーで沢山の栄養が含まれています。ビタミンA・ビタミンC・カリウム・カルシウム・鉄分などの食物繊維が含まれていてこれらの中には痩せる効果を上げてくれる「脂肪燃焼効果」があるとされています。

また「リコピン」というトマトの代表的な成分の抗酸化作用により、悪玉コレステロールの酸化を抑制する効果があります。その結果、脂肪をため込まない身体に変わり、脂肪細胞の増加も防ぐ作用もあるといわれています。

そしてトマトの皮に近い部分には「水溶性食物繊維」が豊富に含まれていますので、満腹感を得られ便通も改善させる効果があるので、ダイエット中の便秘を防ぐには効果的です。

より痩せる効果を出すには日6個・毎食時2個を目安に食べたほうがよいとされています。トマトジュースにして飲むのも良いでしょう。

 

「白菜」ヘルシーで色々な料理につかえる。



冬に心強い野菜の「白菜」。ダントツの低カロリー食材で100gのカロリーはなんと14kcal。

白菜には「n-3系列のα-リノレン酸」が豊富に含まれおり、体内にある肥満細胞は脂肪が蓄積してくると分化し脂肪細胞が増殖するのですが、白菜にはこの脂肪細胞が分化するのを阻止する効果があるといわれています。またカリウムが多く、体内の老廃物を排出する働きが期待できます。

子供のころから日常的に白菜を食べていると、「脂肪細胞数増加型肥満」(脂肪細胞が増えてしまって、なかなか痩せない)の予防になるといわれています。

「きゅうり」脂肪を分解酵素が



きゅうりの主成分は90%以上が水分でカロリーは1本なんと約14kcalです。しかしほとんど水分だけの低カロリーだからといって栄養がないわけではありません。

きゅうりには「ホスホリパーゼ」という脂肪を分解してくれる酵素があり、脂肪を分解してくれるのを補助してくれる効果があるそうです。また、きゅうりには「フィトケミカル成分」という抗酸化作用のある成分があり、血液をサラサラにし、老廃物を流れやすくし"デトックス効果"がありダイエットに効果的な野菜と言えます。

食べ方はそのまま生で食べても十分に効果がありますが、更に効果的にするには、きゅうりをすりおろすことで脂肪を分解してくれる酵素「ホスホリパーゼ」が増幅します毎食前に1本分食べることで満腹感もでますし、食べ過ぎを防げるので、カロリーコントロールに非常に適しオススメです。

「ゴーヤ」種に体脂肪を分解する効果が

 

沖縄料理でお馴染みのゴーヤですが、最近は沖縄以外のスーパーでも手に入る身近な食材となりました。ゴーヤは疲れ目や目の乾燥を防ぎ、肌の必要な油分と水分を調整するビタミンA、血行を促し、若返りのビタミンとも言われる抗酸化ビタミンEが豊富な食品です。よくとりあげられるビタミンCは、実はそんなに多くないのですが、加熱しても壊れにくい特徴があるといわれています。

そして注目はゴーヤにはダイエットに効果的な栄養素の「共益リノール酸」が含まれています。ゴーヤの種に豊富に含まれる「共益リノール酸」には、脂肪が付くのを防ぐ働きと、体脂肪を分解し消費するのをサポートする働きがあるそう。

しかし注意してほしいのが、「共益リノール酸」が含まれているのは種です。通常はゴーヤの種を取り除いて調理されますよね。ゴーヤの実には「共益リノール酸」がほとんど含まれていません。しかしダイエット中は痩せる効果が高い綿と種を調理して、そのままチャンプルーとして食べることができますので、ダイエット中に挑戦してみてください。

「オクラ」ネバネバが肥満防止に!?



食物繊維には、「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」の2種類の繊維があり、両方とも腸内環境を整え美容にも健康にもよいといわれている。オクラにはペクチンという水溶性食物繊維がはいっており、それがあのオクラ特有のネバネバ・トロトロの正体です。この水溶性食物繊維「ペクチン」は血中コレステロールを抑制する働きがあり、中性脂肪をつくるアミラーゼの働きを抑えることで、 肥満を予防効果もあると言われています。

オクラに含まれる水溶性食物繊維ですが、食物繊維の代名詞と言われるような野菜には含まれていないことが多い。ですが納豆やアボカドなども水溶性食物繊維が含まれているので、オクラ・納豆・アボカドを混ぜて食べるのも効果的です!

また熱に弱い成分なので生で食べるのがポイントです

「ごぼう」食物繊維たっぷり



ゴボウに含まれている「イヌリン」これは「水溶性食物繊維」と呼ばれる食物繊維で、これは消化吸収されずに腸内を通過する為、腸内に溜まった不純物をまとめて排出してくれる効果があるといわれている。

さらにゴボウには「ヘミセルロース」という「不溶性食物繊維」も含まれており、ヘミセルロースは肉・米などの数十倍の水分を吸収し、腸内の便通を促進してくれます。体内の余分な塩分やコレステロールといった老廃物を体外へ出してくれる効果もあります。

このように対局の食物繊維の相乗効果で毒素を排出してくれるデトックス作用が高い野菜です。ダイエット中はごぼうを意識して摂取する食生活を心掛けてみましょう。

またダイエットにはゴボウ茶というのも有効的で有名です。

「アボカド」栄養たっぷりで満足感あり



アボカドは、栄養価が高く、満腹感が得やすく、腹持ちの良い食品ですが、アボカドは別名「森のバター」とも呼ばれ、「バター」と呼ばれるだけあって脂肪分が豊富に含まれているのが気になるところです。

しかし脂肪は脂肪でも、アボガドに含まれる脂肪分は、脂肪がつきにくい良質な脂肪です。

またアボカドには豊富な食物繊維が含まれ、便通を改善する効果があります。そして高い美肌効果・若返り効果が期待できるコエンザイムQ10が豊富に含まれているので、お肌が気になるかたにはおススメの食品です。

痩せるためにオススメの食べ方は食前にアボカドを1日1個食べることです。食前にアボカドを食べることで、満腹感が得られるため食事の量が減らせて、脂肪燃焼効果を促進するからです。

 

ダイエットに効果的な食べ方!!

ダイエットに効果的な食べ方には生で食べるのがオススメの野菜もありすが、それ以外に熱を加え調理をし、痩せるのに効果的に食べるオススメの料理方法をご紹介します!


【野菜スープ】身体が温まりダイエット効果抜群!

野菜で作られるスープは、低カロリーであることが大きなメリットであり、食べすぎてもダイエットに大きな影響を与えることはないでしょう。そのため食事制限によるストレスや無理を感じることなく、ダイエットを続けることができ、さらに一度に色々な野菜を食べる事ができて、体の中から温まり、脂肪燃焼効果も期待できます。野菜の多くは血糖値の上昇が緩やかなこともあり、空腹を感じにくいのも一つのメリットとなっています。


【お鍋】ヘルシーなのに栄養補給も!

鍋料理がダイエットに向くといわれる理由は、野菜が多く、油脂の少な具材が多いからです。水分でかさもあるので、食べ応えもあり満腹感が高い割には低カロリーです。

栄養バランスも整いやすいのが特徴。野菜ばかりではタンパク質が不足し痩せにくい身体になってしまいます。野菜をたっぷり使いながら、肉類や魚介類、そして外食では摂り難い豆・豆製品もたっぷり使えば、栄養バランスもバッチリ。カロリー控えめで栄養バランスが良くダイエットにぴったりな調理法です。

鍋料理で注意したいのが、〆のうどんや雑炊まで食べ過ぎてしまう事です。食べ過ぎには注意しましょう。

【蒸し野菜】栄養そのままでたくさん食べられる

蒸すという調理法は、他の方法に比べて野菜の栄養を保ったまま調理することができるため、最も手っ取り早くダイエットの効果を体感できる調理法です。

そして蒸すとカサが減り、生野菜よりも沢山野菜を摂ることができます。生野菜を食べた場合、歯ごたえがあり満腹感を早く得ることができますが、すぐに胃の中で消化されるため腹もちがよくないというデメリットがあります。しかし蒸し野菜ならしっかり量を食べられて腹もちもいいので、オススメです。

また鶏のササミや鮭などの魚を一緒に蒸すことで手軽に低カロリーでたんぱく質も摂る食事ができます。

 

痩せる効果がある野菜と食べ方についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?すぐに効果が出したい一心でのダイエットは避けてください。私達人間の身体は色々な栄養素が必要です。ダイエット中は痩せるのに効果的な食材や食べ方を意識しながら、無理せず、色々な食材を食べるように心がけてください。そして内側からも輝く魅力溢れる身体を手に入れちゃいましょう!

Sponsored Link
Sponsored Link

-ダイエット