瞬刊 トレンドなう

最新の話題を何でも詳しく紹介!!

AKB48グループが崩壊の危機‼

2016/07/03

AKB選抜総選挙後に続々と大物メンバーが卒業か!?

image

AKB選抜総選挙の開票イベントが6月18日にが開かれるが、なんと数人の大物メンバーが総選挙後に卒業を表明するらしいのだ。「いまのところ、総選挙後に卒業表明が見込まれるメンバーは、小嶋陽菜(28)、渡辺麻友(22)、島崎遥香(22)、柏木由紀(24)、峯岸みなみ(23)らです。今年4月に高橋みなみが卒業した時点で、グループの求心力がかなり低下していましたが、彼女らが一挙に離脱すれば、世間的に名を知られたメンバーはかなり少なくなります。グループ崩壊の危機と言えるでしょう」(AKB関係者)
Sponsored Link


image

渡辺麻友は、昨年の総選挙直後に放送された『情熱大陸』(TBS系)で、「マジメな子が損をするような世界」とAKBの体制を批判している。自身は恋愛禁止ルールを頑なに守っていたのに、他のメンバーが次々に男性とのスキャンダルが報じられたことで、かなり怒っていた。(指原莉乃に向けての一言とも言われ話題を呼んだ。)

「AKB運営側としては、総監督を務めた高橋みなみの卒業が決まっていたことなどもあり、渡辺の卒業を保留にしていた。とはいえ、さすがに1年間も卒業を先延ばし続けてきているため、そろそろ渡辺の卒業が発表される予定です。6月18日に新潟で行われる、今年のAKB総選挙の開票イベントで、1位に返り咲こうと、2位か3位に終わろうと、卒業発表をする方向で調整しているようです」(AKB関係者)5月初めの握手会でも、ファンからの今後の総選挙の質問に対して「絶対出ない」と表明している。

 

image

島崎遥香も、出馬に対して運営側との“密約”があるらしい。

「島崎は昨年からAKBの活動にやる気をなくし、長期休養したり、イベントを連続でキャンセルしたりと、芸能活動すら危うい状態になっていました。また、総選挙連覇がかかっている『HKT48』の指原莉乃とも対立し、グループにいること自体が気まずくなっている。そういった事情があり、今年の総選挙は出馬を辞退する意向だった。ですが、運営側から出馬を強く要請されたとみられ、3月27日の締め切りギリギリに号泣しながら立候補届を提出するという異例の事態になったのです」

「今年の総選挙は、指原の連覇がかかっていることくらいしか話題がなく、運営側も困っている。そんななかで、島崎が不出馬となれば目も当てられない。昨年から卒業の意向を伝えており、かつ『総選挙を辞退したい』と主張する島崎に対し、運営側は、『今回の総選挙に出馬してくれれば、そのあとに卒業していい』という条件を出し、ギリギリで合意したとか。グループ活動に完全に興味をなくしている島崎は、総選挙開票イベントで卒業を発表するか、あるいは総選挙直後にも卒業を発表する可能性が濃厚です」(同AKB関係者)

今回の総選挙にちなんで開設された都内の『総選挙ミュージアム』に肉筆で大きく《LAST》と書いた色紙を提示し、今回の総選挙がAKBとしての活動最後であることを示唆している。

 

image

柏木由紀の卒業に関しては、「昨年2位の柏木は、人気に陰りが出てきました。昨年の総選挙後に報じられたジャニーズの手越祐也との交際疑惑が尾を引き、6月1日に発表された総選挙の中間速報では6位に甘んじている。関係者の間では、そろそろ潮時との見方が強まっています。初期メンバーの峯岸みなみも、最早ファンがほとんどいない状態で、速報では65位と、かつての人気は見る影もなく、卒業確定とされています。彼女らは、18日の総選挙イベントか、もしくは開票結果を見て少し考えたあとに、卒業を発表する可能性が高いとみられています」(同AKB関係者)

 

image

昨年も今年も総選挙は不出馬の小嶋陽菜は、数年前から卒業の意向を示しているものの、運営側に引き伸ばされているとみられているらしいが、今回の総選挙後に卒業の可能性が高い。

 

今回の総選挙は結果よりも、総選挙後のそれぞれの動向に注目が集まること間違いなしでしょう。

Sponsored Link
Sponsored Link

-芸能界