瞬刊 トレンドなう

最新の話題を何でも詳しく紹介!!

フジテレビドラマ「OUR HOUSE」まさかの打ち切り!!低視聴率が続くフジテレビ視聴者のドラマ離れ止まらず!!

2016/07/03

フジテレビドラマ「OUR HOUSE」がまさかの打ち切り!?

image

フジテレビドラマ「OUR HOUSE」(日曜夜9時放送)が、予想外の低視聴率で第9話での打ち切りとなった。

フジテレビといえば、福山雅治を主役に起用した「ラヴソング」も視聴率が6.8%など月9史上ワースト視聴率を記録。福山といえばフジのドラマ「ガリレオ」の主演を務め大ヒット、「月9」の主演は3年ぶり、結婚後初のドラマとなるこよで話題性はあったのだが、放送が始まる前からネット上では「たぶん見ない」などといった意見が出ていたが、文字どおり福山が主演したのにも関わらず、見事に大コケ。フジテレビに恥をかかされたの福山サイドは、絶縁状を叩きつけたとの噂まで持ち上がった。
Sponsored Link
wp-1465814039453.jpg

フジテレビの自信とは裏腹な結果に

フジテレビ関係者の話によると放送前までは「OUR HOUSE」に絶対の自信を持っていたらしい。NHKの朝ドラ「マッサン」で一躍お茶の間の人気を博した米女優シャーロット・ケイト・フォックスと、人気子役・芦田愛菜がW主演したにもかかわらず、視聴率が伸びずにまさかの打ち切り。

「通常ならもう少し早く打ち切りなってもおかしくないレベル。旬なキャストがおらず、野島伸司氏の脚本も古臭い。話の流れもありきたりで、コメディーなのかシリアスなのかも曖昧。これで視聴率が取れると思ったスタッフの感覚を疑います。W主演の2人だけでなく、加藤清史郎や寺田心など、この作品に出演したことがキャスト全員の黒歴史になったのは間違いありません」(テレビ誌記者)

image

「福山同様、『OUR HOUSE』の打ち切りで商品価値が暴落した芦田サイドも大激怒、『もうオファーは受けない』とフジに告げたようです。打ち切り女優のレッテルが貼られたことで、今後はCMも激減するのでは。シャーロットもフジ恐怖症に陥っているといいます」
「実は、野島さんから『北の国から』のような長編作品にしたいとの提案を受け、映画化まで決まりかけていたんです。今となっては鼻で笑われるような話ですが‥‥」(テレビ関係者)

どんなに人気の俳優や女優をキャスティングしても、視聴率がとれないのは致命的。視聴者どころか、役者たちにまでフジ離れが加速した、フジのドラマにはいよいよ後がなくなったカンジとなってしまった。

Sponsored Link
Sponsored Link

-芸能界