瞬刊 トレンドなう

最新の話題を何でも詳しく紹介!!

共演NGが続々!!「共演するだけでイメージダウン」と人気タレントがベッキーとの共演を拒否!!!

2016/07/03

ベッキー、共演の人気タレント達から共演NG

2016年5月29日、『TOCANA』からベッキーの出演していた番組の人気共演者から共演NGが次々と出されているという記事が掲載された。

image

ベッキー13日放送のTBS系「中居正広の金曜のスマイルたちへ」で「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音との不倫騒動について謝罪をし、復帰に向けて本格的に動き出したベッキー。だが復帰の絶対条件だった川谷の元妻への直接謝罪が金スマ収録後だったことがバレ、ネット上などで「順序が逆」「あざとい」と再び ベッキーへのバッシングが集中した。

TBSの武田信二社長は25日の定例会見で「大変な反響が寄せられた」と言及。
ホスト役を務めたSMAP中居正広の手腕を評価しつつも、視聴者の反応は「好意的な意見より批判的な意見が若干多かった」という。
情報番組「にじいろジーン」を放送する関西テレビの伊佐野英樹編成局長も定例会見で「番組復帰など決まっていることはありません」と述べるに留めた。

今後の本格復帰に注目が集まるベッキーだが、不倫騒動での「友達で押し通す予定」や「センテンススプリング!」など、 川谷とのやりとりから滲み出たベッキーの裏の顔に嫌悪感を抱く世間や視聴者が多く番組復帰などは到底無理な様子らしい。それに、ベッキーを擁護するタレントも叩かれるという異常事態を招いているため、以前に共演していた人気タレントたちからの共演NGが次々と出されている。
Sponsored Link

共演NGの大手芸能事務所とは?

そのうちのひとつがジャニーズ事務所だ。テレビ局のキャスティングにまで口を出すことができるほど、芸能界では絶大な影響力を持つジャニーズ。
そのジャニーズに目をつけられ、過去に共演NGとなった芸能人は山ほどいる。例えばジャニタレとの熱愛が報じられた女性や、他事務所のイケメングループ、そしてイロモノタレントだ。

ジャニーズ事務所では、一緒に並ぶだけでイメージダウンにつながってしまう恐れのある“イロモノタレント”が共演NGとなっており、もしベッキーが復帰を果たせたとしても、“イロモノタレント”扱いになってしまうらしく、「一緒に並ぶだけでイメージダウンにつながってしまう」というのは、芸能人にとって大きな痛手。ジャニーズ以外の人気タレントたちからも共演NGを出される可能性は十分に高いだろう。

 

 

「金スマの中居くんは例外として、『嵐』をはじめとした人気若手グループとは絡ませないでしょうね。
仮に一緒になったとしても、ベッキーとのやりとりは編集で削るでしょう」と芸能プロ関係者は話す。

ベッキーのレギュラー番組には「嵐」の相葉雅紀がいる「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系 毎週土曜よる7時放送)ベッキーさんはもある。
相葉本人は心を痛めるでしょうが、仮に番組に復帰してもベッキーとのやりとりは編集で“なかったこと”になるはず。他に『世界の果てまでイッテQ‼』(日本テレビ系 毎週日曜よる8時放送)で手越祐也さんと共演していましたが、それも同様ということですね。共演者からの共演NGを出される可能性は高いベッキーの本格復帰への道はかなり険しくなりそうだ。

ネット上では「引退すべき」の声

ベッキーに人気タレントからの共演NGが続出するのではないかという『TOCANA』の情報について、ネット上では……

『そりゃそうでしょう』

『引退すればすむ話でしょ?』

『そりゃみんな絡みづらいよね』

『一緒に出ても気を使うだけでしょ』

『そんな迷惑かけるなら引退すべき』

『関わるとロクなことなさそうだもんね』

『中居くんは例外なんだ』

『金スマで共演した人たちも不憫だった』

『共演してくれるのは売名したい芸能人だけじゃない?』

『腫れ物に触る感じになるのは目に見えてる』

『矢口みたいに不倫をネタにできるキャラならいいけど。まあ、それはそれで叩かれるだろうけど』

『芸能人はすぐ手の平返しそうだしね』

『不倫よりLINEのやり取りからわかる腹黒さがアダになったよね。自業自得』

『宮迫や竹山はベッキーを擁護したんだから、共演してくれるんじゃない?見ないけど』

『秋野暢子も金スマで「なんでこんな時にゲストなの?」ってぼやいてたからね。気持ちがよくわかる』

『イッテQに戻ってこないってことなら賛成』

『金スマでもみんなやりにくそうだった』

 

 

など、ネット上では金スマ出演者への同情の声もあるなか、「共演NGが出るのは当たり前」や「引退すべき」という声が多くあった。

金スマでベッキーは「ゼロからのスタート」を強調していた。事務所としても早く本格復帰をさせたいところでしょうが、スポンサー問題や世間の反応に加え、共演NGのタレントさんが続出となれば、テレビの仕事はマイナスからの活動再開、もしくは芸能界からの引退となる可能性もありそうだ。

Sponsored Link
Sponsored Link

-芸能界