瞬刊 トレンドなう

最新の話題を何でも詳しく紹介!!

下腹が凹んだ!!主食を抜かずに痩せられ、ダイエットと病気予防の効果アリ!? 『もち麦ダイエット』のやり方と効果!!

2016/07/03

 『もち麦ダイエット』のやり方と効果を解説!!

image

最近は様々なダイエットがありますが、そのなかには主食をしっかり食べながら痩せるスタイルのダイエットも増えてきました。
そのなかに、下腹をへこませる効果があるという『もち麦ダイエット』があります。今回は、 『もち麦ダイエット』のやり方とその効果についてご紹介していきたいと思います。

 『もち麦』とは?

このダイエットに使う『もち麦』とは、兵庫県福崎町が名産の農作物ですが、最近になって、もち麦の持つダイエット効果がふたたび注目されるようになりました。もち麦は麦茶やビールの材料となる大麦の一種である。
image

健康食の基本は、高タンパク低カロリーが一般的だとよく言われている。『もち麦』はご飯として食べると、お茶碗一杯(約150g)で198kcalで白米よりも50kcalほど低い低カロリーな食べ物である。
それに、『もち麦』はタンパク質をはじめ、ミネラル、ビタミン類が豊富で、たくさんの食物繊維を兼ね備えた食べ物でもある。そのため、主食を低カロリーなもち麦に変えたり、『もち麦』をベースに作られた食品を食べるなど、 置き換えダイエットとして人気です。それにダイエット効果だけではなく、便秘を解消してくれたり、美肌にも良く、美容面でも注目を集めている健康食です。image
Sponsored Link

もち麦ダイエットの効果

食物繊維、ミネラル、ビタミン類が豊富に含まれ、しかも低カロリーな『もち麦』でのダイエットの効果を説明しましょう。
『もち麦』は白米と比べ20倍を超える水溶性の食物繊維を豊富に含んでおり、食物繊維は体内の水分を吸い胃や腸の中で膨張するため、少量でも満腹感が得られる。それに腸内を綺麗に掃除しダイエットの天敵である便秘の解消にも効果が高いため、便秘が原因で起きる下腹の脹らみや、冷え性や代謝の低下、内臓脂肪や全身の脂肪燃焼の妨げを防ぐ作用があります。
image

更には体が吸収しすぎた糖質をコントロールしてくれる役割もあるので、つい食べ過ぎても減量に失敗する心配は少ない。

そして、『もち麦』はタンパク質をはじめ、体の調整機能の低下を防ぐミネラルと、肌トラブルを予防するビタミンB2や、抗酸化作用とアンチエイジング効果のあるポリフェノールなどが豊富に含まれているので美容の効果も高い。

また、『もち麦』には病気の予防効果も高く、大腸がんや糖尿病、メタボにも効果的なので、ダイエット目的以外からも効果もあり注目されている。

もち麦ダイエットのやり方

『もち麦ダイエット』の基本的なダイエット方法は非常に簡単です。
1日に2回、普段食べているご飯をもち麦に変え食べるだけという、たったこれだけでダイエット効果も高い方法になります。
image

野菜不足の方でも、普段の食事のなかに、ご飯をもち麦に代えて食べるだけで食物繊維やビタミン、それにミネラルを体にたくさん摂取することができるので、ダイエットと美容の両方に効果を求める人にはおススメです。ただもち麦ダイエットを実践するうえでいくつかの注意点があります。まず、もち麦を低カロリーだからといって食べ過ぎないことと、食物繊維を多く含んだ食べ物なのでお腹が緩くなる可能性があるということです。それらに注意して、『もち麦ダイエット』を実践してみましょう。

Sponsored Link
Sponsored Link

-ダイエット